太陽光発電のある暮らし 太陽光発電について知ろう Mon, 27 Oct 2014 05:59:51 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=4.0.11 太陽光発電の魅力を知ろう /hatuden-ansin/miryokusirou/ /hatuden-ansin/miryokusirou/#comments Wed, 19 Feb 2014 12:55:46 +0000 /?p=66 Read more...]]> 住宅街を歩いたり、自転車や車などで移動していると、家の屋根にソーラーパネルを設置するご家庭が増えてきています。
昔に比べると、太陽光発電システムの電気を生み出す性能も向上し、製品によって個人差はありますが、曇りの日などでも安定して電気を生み出すことが可能です。
日本社会でも地球温暖化の影響もあってか、天気が普通とは異なる状態が続くことがあります。
夏は、とても暑くなり、冬になると、大雪が降り、停電してしまう世帯もあります。
異常気象から家族を守るためにも、安心して電気を使えるように対策を取ることは重要です。
太陽光発電システムを家庭で取り入れることで、停電時も安心して電気を使うことができますし、夏の暑さなども安心してエアコンを使うことができるようになります。
電気代が安くなるということは、光熱費が節約できるという安心感もあり、お財布にもやさしい生活が可能になります。
ソーラーパネルの設置を検討されている方は、まず最大限に使いこなすことができるように、その魅力をしっかりと押さえておくことが大切です。
予算の面も大体クリアすることができ、具体的に太陽光発電システムの設置を検討し始めている方は、少しでも安く、お得にサービスを利用することができるように、しっかりと比較することが重要です。
最近は、太陽光発電システムを取り扱っているお店がたくさんあります。
自然エネルギーに関する専門ショップもあれば、身近なホームセンターや家電量販店などでも、相談窓口が設けられており、見積もりなども進めていくことができます。
気になるお店をいくつかまわって、見積り結果を比較することも大切ですし、インターネットでも情報収集はできるので、ぜひ参考にしてみてください。
また、国や自治体の事情によっても異なりますが、太陽光発電システムを導入するときに、補助金を使うことができる場合もあるので、こういった情報にも目を向けることは大切なことだと思います。

]]>
/hatuden-ansin/miryokusirou/feed/ 0
熊本での太陽光発電の利用 /kumamotoken-taiyoko/kumamotoriyou/ /kumamotoken-taiyoko/kumamotoriyou/#comments Fri, 20 Dec 2013 06:28:59 +0000 /?p=62 Read more...]]> 日本には、様々な特色の地域があります。
そのため、その地域特有の農産物や風景などを様々に楽しめるのが日本の魅力です。
しかし、最近では環境問題電力問題も深刻化し、今までの生活が変わりつつあります。
様々な物を生産できる日本ですが、その生産にも生活にも電力は欠かせないものです。
そのために、節電や計画的な停電などで、電力のセーブが必要となります。
電力への問題として、海外では、自然を利用した発電が利用されています。
自然を利用する発電として、使用環境にも異なりますが、風力や水力・太陽光を利用した発電があります。
その中で、家庭でも身近に利用できる発電として、太陽光発電が世界中で利用されています。
特に、ヨーロッパでの普及が知られています。
家庭用に家庭で使用する電力としての供給方法として設置されています。
太陽光は、どのような環境でも利用できますので、その設備は、そのような地域でも利用できます。
人口の集中する東京でも、自然豊かな熊本でも、太陽光を利用しての発電が可能ですので、とても有効なシステムです。
そして、この発電では、副産物の発生が無い事から、環境問題についても、電力問題についても効果的な方法です。
現在の環境に影響なく、未来の環境にも影響のない発電ですので、ご家庭でも商業用・産業用にでの安心して利用できます。
日照時間と発電量が比例しますので、年間を通じての発電量に差がありますが、蓄電システムの利用などの工夫で家計にも、環境にも優しい生活となります。

]]>
/kumamotoken-taiyoko/kumamotoriyou/feed/ 0
熊本市に太陽光発電を設置して安心な暮らしを送りませんか /hatuden-ansin/ansinkurasi/ /hatuden-ansin/ansinkurasi/#comments Fri, 08 Nov 2013 06:26:22 +0000 /?p=61 Read more...]]> 太陽光発電は環境に優しく安全で、次世代の発電システムとして注目を浴びております。
発電に必要なエネルギーは、まさしく太陽だけですので、燃料費はかからず、一度設置すればその後は長期にわたり、その発電効果を利用する事が出来ます。
自家発電システムですので、天災などにも強く、周囲が停電になっても、システムさえあればいつでも発電出来ます。
ですので電力利用に関する不便さは感じないでしょう。
日々の電気料金が大幅に安くなり、たくさんの発電量が得られた日は、電力会社へ売電も出来ます。
売電すると言うことは収入が得られるので、経済的なメリットはダブルで得られます。
太陽光発電が効率的に作動するには、十分な日照時間と晴天日が必要ですが、熊本市は長い日照時間と多くの晴天日数が得られるので、十分な発電効果が期待出来ます。
現在の電力事情はまだまだ不安定で、原子力発電が再稼働し、再びメインの発電システムとなるのか、それとも火力発電が主流になるのか、など不透明です。
これらの発電システムはいずれも環境への負荷が高いので、
長い将来にわたり環境に優しく安心した暮らしを営むためには、ゼロエミッションの発電能力を持つ、太陽光発電がベストでしょう。
このシステムは太陽のない夜間には発電出来ませんが、多くの方がこのシステムを導入すれば、電力会社に依存する割合は大幅に減るので、安心・安全な暮らしが営めます。
太陽光発電を設置する環境に恵まれた、熊本市に是非導入し、エコライフを目指してみませんか。

]]>
/hatuden-ansin/ansinkurasi/feed/ 0
熊本の雪害と太陽光発電 /kumamotoken-taiyoko/yukigai/ /kumamotoken-taiyoko/yukigai/#comments Fri, 25 Oct 2013 05:46:29 +0000 /?p=59 Read more...]]> 雪害といいますと、主に東北をイメージされるでしょう。
しかし、中国地方や九州の一部でもかなり雪が降っている地域は多くなっているのです。
その中国地方や九州の一部についてなのですが、
雪害についてみていく場合に避けては通れないのが太陽光発電というものです。
太陽光発電は雪の影響をかなり受けてしまうことも多くなっているのです。
ですので、その点をしっかりと考えていかれると良いのではないでしょうか。
その雪害というものと熊本を見ていくとしますと、平野部ではほとんど心配がありません。
ただし熊本県につきましては、標高が高いような地域もあります。
山もありますので、
そちらの地域につきましては雪などの害が大きく出てきてしまうことも考えられるのです。
太陽光発電への影響がある可能性もあります。
ただし、太陽光発電ですが、熊本のようなそれほど雪が多くない地域では、
ほとんど気にしないで良いような設計になっているのです。
太陽光発電なのですが、もしも雪が積もってしまったような場合でありましても、
雪が勝手に滑り落ちるようになっているのです。
特に雪深い地域では太陽光発電の角度が大きくつけられていますので、
発電能力にはほとんど影響がないようなつもり方しかしないことが多いのです。
各メーカで積雪量についてと太陽光発電の角度に関しましては研究が進んでいるのです。
安心してお任せできますので雪が降る地域の方も、
安心感を持って太陽光発電を利用していかれると良いのではないでしょうか。

]]>
/kumamotoken-taiyoko/yukigai/feed/ 0
火の国・熊本で自然エネルギー /kumamotoken-taiyoko/hinokuni/ /kumamotoken-taiyoko/hinokuni/#comments Wed, 04 Sep 2013 05:46:00 +0000 /?p=58 Read more...]]> 自分の知り合いの中に、熊本市で暮らしている人がいます。
学生時代の友人なんですけどねぇ・・・いまだにメールやケータイで連絡をとり合っています。
そんな友人が「太陽光発電の設置を考えている」という話をしてきました。
「えっ、熊本市で太陽光発電だなんて、それはすごい!」と思いましたけど、でも、よく考えてみると、熊本は“火の国”なーんて呼ばれていますからねぇ。
自然のパワーとでもいったらいいのか、自然エネルギーを導入するうえでは、まさにうってつけのような気がします。
今から5~6年前ですかね。
実をいうと、僕自身、熊本市へ行ったことがあります。
美しい自然に囲まれていて、環境との調和を考えた太陽光発電は、まさにピッタリかもしれないな、と思っているところです。
まぁ、これは調べてみないとわからないのですが、おそらく助成金とかもあるでしょうからねぇ。
太陽光発電はには、きっと追い風が吹いていることでしょう。
太陽光発電を導入するメリットとしては、余剰電力を買い取ってもらえるという制度もあります。
イニシャルコストはかかるけど、その後が楽というのは、結構、大きな魅力なんじゃないのかな。
僕が住んでいるのは東北ですけど、九州や熊本の方が、日照時間は長いような気もするし、うーん、そう考えると、熊本市を太陽光発電のふるさとにしたいという思いは、ますます高まってきますよ、ホント。
熊本市で太陽光発電。
未来のエネルギーについて考えたいというみなさんは、検討してみてはいかがでしょうか。
きっとひとつの“答え”が見つかるはずです。

]]>
/kumamotoken-taiyoko/hinokuni/feed/ 0
普及率第一位の熊本県 /kumamotoken-taiyoko/hukyuuritu/ /kumamotoken-taiyoko/hukyuuritu/#comments Thu, 08 Aug 2013 05:43:15 +0000 /?p=57 Read more...]]> 太陽光発電と熊本県とはある深い関係があるのをご存知でしょうか。
それは全国の中で一番太陽光発電の普及率が高いということです。
普及率とは、単純な太陽光発電の設置数ではなく、人口(世帯数)における太陽光発電の設置件数の割合を求めた数字です。
単純な設置数でいうと、やはり人口が多い東京都や愛知県、埼玉県などが多くなるのですが、この普及率でランク付けすると、この順位が大きく変わってきます。
上位は熊本県や宮崎県、佐賀県などの九州勢が占めるようになるのです。
九州で太陽光発電が普及している背景には、二つの要因が考えられます。
まず、日照時間が比較的長いということです。
やはり太陽光発電は日照時間や温度など気候に大きく左右されるので、それが普及率にも大きく影響を与えるわけです。
逆に太陽光発電の普及率が低い県をあげると、北海道や秋田県、青森県など雪が深く日照時間が比較的少ない県になります。
しかし、九州で太陽光発電の普及率が高いのはそれだけではありません。
もう一つ大きく影響しているのは行政の支援体制が充実しているかどうかなのです。
支援体制がほとんどない地域もあれば、手厚い助成金がいただける地域もあります。
助成金に関してはかなり地域格差があるようですが、九州地方はおしなべて支援体制が整い、充実しています。
また、熊本県は太陽光発電メーカーの誘致にも積極的で、ホンダソルテックなどのメーカーの本社や製造工場があります。
このようなことも普及率の高さに関係しているのかもしれませんね。

]]>
/kumamotoken-taiyoko/hukyuuritu/feed/ 0
どれくらい発電するのか? /kumamotoken-taiyoko/hatudenryou/ /kumamotoken-taiyoko/hatudenryou/#comments Fri, 19 Jul 2013 05:42:19 +0000 /?p=56 Read more...]]> 太陽光発電に興味を持っている方は多くなっています。
熊本でも補助金が復活したことと、
太陽光発電の価格が下がったことで、
太陽光発電に興味を持つ人が多くなっているみたいです。
熊本の新築の家の多くの屋根に、
太陽光発電のソーラーパネルが設置されています。
太陽光発電を始めようとする場合、
気になるのがどれくらい発電するかでしょう。
熊本の普通のお宅で4.2kWのソーラーパネルを設置したところ、
申込む前のシミュレーションでは290kWhという数字が出たのですが、
実際発電した発電量が428kWhという驚くべき数字になったそうです。
それが1月の発電量だというのですからさらにビックリです。
シミュレーションの値と比べると、
147.6%にもなるというのですからこれはうれしい誤算です。
いま一般住宅でも太陽光発電の容量が増えて、
4.2kWくらいなら普通に設置できるそうです。
これだけの発電量があれば、
最初に考えていたよりずっと早く元を取ることができるでしょう。
イニシャルコストを回収するには、
消費電力を下げるか発電量を上げるかしかありません。
すでにシミュレーションよりも発電量があるのですから、
当初の計画よりずっと早く元が取れそうです。
イニシャルコストを回収できれば、
後は発電すればするほどプラスになります。
太陽光貯金とはよく言ったもので、
光熱費を抑えることができて家計に余裕ができるなんてことも多そうです。
最近のソーラーパネルは、
こんなにも優秀になっているんですね。

]]>
/kumamotoken-taiyoko/hatudenryou/feed/ 0
熊本の太陽光発電と地震対策 /kumamotoken-taiyoko/zisintaisaku/ /kumamotoken-taiyoko/zisintaisaku/#comments Sun, 23 Jun 2013 05:31:53 +0000 /?p=55 Read more...]]> 太陽光発電を利用していく時ですが、
太陽光発電が災害に強いのかを確認してみると良いでしょう。
災害に強いのかという部分なのですが、
いわゆる地震対策がしっかりとされているのか、という部分です。
地震対策と太陽光発電ですのが、
屋根から滑り落ちてきてしまうようなリスクはないのかと心配している方も多いのです。
熊本県などでもそういった方が多くなっています。
熊本県も太陽光発電がかなりハードに行われているものになっています。
ですので、どうしても気にされる方が多くなっているというわけなのです。
ではその屋根にある太陽光発電システムなのですが、特に大きな心配はありません。
しっかりと取り付けられていますので、
太陽光パネルが滑り落ちてしまうということがないようになっているのです。
安心して利用していけるということも言えるのではないでしょうか。
またどうしても気になる方は施工実績が多いようなところにお願いすると良いでしょう。
そういったところは信頼感があります。
また屋根に大きなものを載せますので、
地震の揺れで屋根が崩れ落ちてしまうのではないか、という心配をしている方もいます。
そういった心配につきましても、ほとんど心配するようなことはありません。
瓦に比べましても比べ物にならないくらい太陽光発電システムは軽いのです。
ですので、その程度で崩れてしまう屋根でしたら、
太陽光発電がなくても崩れていたことでしょう。
そういった観点からも、
熊本で地震を気にされている方も安心していただけるものとなっています。

]]>
/kumamotoken-taiyoko/zisintaisaku/feed/ 0
熊本県の工務店から太陽光発電システムを購入する /kumamotoken-taiyoko/kounyudekiru/ /kumamotoken-taiyoko/kounyudekiru/#comments Sat, 04 May 2013 11:27:07 +0000 /?p=52 Read more...]]> 太陽光発電システムは基本的にメンテナンスの不要な設備です。
自動車のように2年に一度の法定点検のような制度もありませんし、分解整備が必要な定期点検は太陽光発電システムには必要ありません。
購入設置後は特に手をかけなくてもコンスタントに発電する便利な設備機器といえるでしょう。
基本的にメンテナンスフリーの太陽光発電システムが、数年に一度の目視による点検は太陽光発電システムの寿命を延ばすためには必要です。
国産メーカーが製造する太陽光発電システムは、間隔は製造メーカーにより異なりますが数年に一度の定期点検を推奨しています。
まず壊れないといわれている太陽光発電システムが、設備機器である以上長期間の運転により部分的に不具合が発生するケースもまれにあるでしょう。
製造メーカーが推奨する定期点検や、万一不具合が生じたときに対応してもらうためのアフターフォローの存在は重要です。
太陽光発電システム製造メーカーの直営代理店や販売店で購入した太陽光発電システムは、購入時に数年に一度の定期点検についても事前に決めておくケースが多いです。
工務店に太陽光発電システムの購入から設置までを依頼する場合は、地元に密着して長年事業を継続している信頼できる工務店に依頼すると良いでしょう。
熊本県内には地域住民に愛されている工務店がありますから、安心して太陽光発電システムの購入から設置までを依頼できます。
初期費用が安くても信頼できない業者は、不具合が生じたときには倒産しているケースも考えられますから、注意が必要でしょう。

]]>
/kumamotoken-taiyoko/kounyudekiru/feed/ 0
太陽光発電が選ばれる理由 /hatuden-ansin/erabareruriyu/ /hatuden-ansin/erabareruriyu/#comments Sun, 07 Apr 2013 11:24:57 +0000 /?p=50 Read more...]]> 火山のある阿蘇市では、地熱発電がおこなわれています。
地下から取り出した蒸気で発電機のタービンをまわして、電気をつくっているのです。
火力発電と比較すると二酸化炭素の排出が少ないといわれています。
二酸化炭素は地球温暖化の原因とされています。
地域の特性を生かした賢い発電方法だといえるでしょう。
そんな阿蘇市が注目している発電方法があります。
それは太陽光エネルギーを利用して電気をつくる太陽光発電です。
太陽光エネルギーは、自然エネルギーに属します。
石油や石炭とは違い、消えてなくなる心配はないのです。
そして二酸化炭素が排出されることはないです。
導入方法は簡単になります。
屋根の上にソーラーパネルを設置して太陽の光を集めて、電気に変えます。
ソーラーパネルは一度設置すると動かすことがないため、故障がほとんど起きないといわれているのです。
またソーラーパネルは重たいので、屋根が耐えられるかも重要なポイントになります。
屋根のソーラーパネルが強風にあおられて飛んでしまわないか、地震が起きても落下しないか、また過去にそのようなことが起きていないか確認しましょう。
7月8月9月は特に台風が発生しやすい時期です。
飛んで行きただ地面に落ちるだけなら、被害はソーラーパネルだけです。
こわいのは、それが道路を歩いている人に直撃したり、建物に突っ込んだりして二次災害を起こすことになります。
一度設置してしまうと、違うものに付け替えるのは難しくなります。
それは屋根を傷つけることになるからです。
新しいソーラーパネルが出たので、買い替えるということはできないと考えるべきです。
購入の際は複数社から見積もりをとり、業者選びは慎重に行いましょう。
また電気の使い方次第で、効果が変わってくるのも事実です。
消費電力と発電量をモニターで確認しながら生活してみましょう。
意外と電気を使っていることがわかるはずです。
家族で原因はどこにあるのかを話合ってみるのもよいと思います。
電気についての意識が生まれ、結果として無駄な電気を使うのを辞めることにつながります。
そうすることで月々の電気料金に変化がうまれるのです。

]]>
/hatuden-ansin/erabareruriyu/feed/ 0