太陽光発電システムと発電効率の関係

太陽光発電システムを導入するとき、皆さんはどのようなことを重視するでしょうか。
設置にかかる費用というものを重視する方もいます。
屋根に合うデザインから設置条件を絞り込む方もいます。
自治体から支給される補助金の条件に合致した、太陽光発電システムを検討している方もいるでしょう。
しかし、せっかく太陽光発電システムを導入するのであれば、性能にも是非注目してください。
太陽光発電システムの性能といえば、発電効率です。
その発電効率というのは、もちろん太陽光発電システムの性能によっても大きく異なります。
しかし、実は気象条件によっても、大きく発電効率は変化するのです。
太陽光発電システムというのは、言わずと知れていますが、太陽光を浴びることで発電しています。
しかし、実は太陽光を浴びすぎて、熱くなってしまうと、発電効率が落ちてしまうということなのです。
つまり、太陽光発電システムに必要なのは、あくまでも太陽光であり、太陽熱は必要がないということなのです。
実は、ある太陽光発電システムの製造メーカーでは、ホームページで以下のような数字を公表しています。
それは、「太陽電池の素子温度上昇による損失」というものです。
「素子」というのは、太陽電池を構成する、発電の素のようなものです。
その素子は、気温上昇に伴い、発電効率を変化させます。
12月から2月の、気温が低い状態では、損失率は10パーセントでした。
3月から5月、もしくは9月から11月といった、暑くもなく寒くもない時期では、損失率は15パーセントでした。
そして、6月から8月の暑い季節には、損失率は20パーセントでした。
これは、意外に大きな数字です。
6月から8月の平均で20パーセントですから、本当に暑い7月下旬から8月下旬などは、もっと損失率が上がることでしょう。
この損失率を下げるには、太陽光発電システムに水をかけると効果があります。
しかし、水をかけるのをやめると、すぐに元に戻ってしまいますし、水道代がもったいないです。
こういった場合には、温度変化に強い太陽光発電システムを設置することです。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>