熊本にすむ友人が太陽光発電にして喜んでいた


熊本にすむ学生時代の友人が、久しぶりに電話をかけてきました。
家を新築したので、数年ぶりに会おうというのです。
もちろん私は承諾して、お休みの日に熊本にすむ友人のお宅へと向かいました。
いざ行ってみるとビックリしました。
新築の家はとても立派で、しかも今話題の太陽光発電システムも屋根の上に設置されていたのです。
新築を建てる際に、思い切って導入したそうです。
null高くないのかと聞くと、国や熊本県、そして彼女が暮らしている市からも補助金が交付されたので費用は抑えられたと言っていました。
各市区町村によって補助金があるところとないところがありますが、熊本県からは1件当たり4万円が交付されます。
友人の家は4kwの太陽光発電システムを導入したので、国からは14万円も補助金が交付されたそうです。
環境のために、そして電気代の節約のために導入したそうですが、実際に使ってみると電気を売ったり節約したりして、電気代が0円になることもあるそうです。
あまった分や電気代がういた分はローンの返済にあてているので、ローンの負担もあまり感じずに楽しみながら節電をしていました。
電気をより身近に感じるようになり、こまめに電気を切ったり、使う必要が無い場所は電球をはずしたり、色々な取り組みを自然とするようになったそうです。
その光景を見て、太陽光発電は高くて導入は無理だと考えていた私が、導入したおかげでプラスになることの方が大きいのではないか、と考えるようになりました。