普及率第一位の熊本県


太陽光発電と熊本県とはある深い関係があるのをご存知でしょうか。
それは全国の中で一番太陽光発電の普及率が高いということです。
普及率とは、単純な太陽光発電の設置数ではなく、人口(世帯数)における太陽光発電の設置件数の割合を求めた数字です。
単純な設置数でいうと、やはり人口が多い東京都や愛知県、埼玉県などが多くなるのですが、この普及率でランク付けすると、この順位が大きく変わってきます。
上位は熊本県や宮崎県、佐賀県などの九州勢が占めるようになるのです。
九州で太陽光発電が普及している背景には、二つの要因が考えられます。
まず、日照時間が比較的長いということです。
やはり太陽光発電は日照時間や温度など気候に大きく左右されるので、それが普及率にも大きく影響を与えるわけです。
逆に太陽光発電の普及率が低い県をあげると、北海道や秋田県、青森県など雪が深く日照時間が比較的少ない県になります。
しかし、九州で太陽光発電の普及率が高いのはそれだけではありません。
もう一つ大きく影響しているのは行政の支援体制が充実しているかどうかなのです。
支援体制がほとんどない地域もあれば、手厚い助成金がいただける地域もあります。
助成金に関してはかなり地域格差があるようですが、九州地方はおしなべて支援体制が整い、充実しています。
また、熊本県は太陽光発電メーカーの誘致にも積極的で、ホンダソルテックなどのメーカーの本社や製造工場があります。
このようなことも普及率の高さに関係しているのかもしれませんね。